植物はなぜ5000年も生きるのか : 寿命からみた動物と植物のちがい

書誌事項

植物はなぜ5000年も生きるのか : 寿命からみた動物と植物のちがい

鈴木英治著

(ブルーバックス, B-1365)

講談社, 2002.3

タイトル読み

ショクブツ ワ ナゼ 5000ネン モ イキルノカ : ジュミョウ カラ ミタ ドウブツ ト ショクブツ ノ チガイ

大学図書館所蔵 件 / 299

注記

参考図書: p228-229

内容説明・目次

内容説明

200歳の人間はいないのに、200歳の屋久杉はまだまだ子供。どちらも細胞からできているのに、動物と植物のこのちがいは、なぜなのだろうか。なぜ生物には寿命があるのだろうか。生物の「生」の不思議を解き明かす。

目次

  • 第1章 生物は何歳まで生きられるのか
  • 第2章 地球型生命の誕生
  • 第3章 動物の体、植物の体
  • 第4章 老化する細胞、老化しない細胞
  • 第5章 動物の老化と寿命
  • 第6章 植物の寿命
  • 第7章 植物はどこまで大きくなれるのか
  • 第8章 過去の生物—寿命の進化

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA56178394
  • ISBN
    • 9784062573658
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    229, viip
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ