記憶すること・記録すること : 聞き書き論ノート

書誌事項

記憶すること・記録すること : 聞き書き論ノート

香月洋一郎著

(歴史文化ライブラリー, 145)

吉川弘文館, 2002.10

タイトル読み

キオク スル コト キロク スル コト : キキガキロン ノート

大学図書館所蔵 件 / 294

注記

引用・参考文献: p189-197

内容説明・目次

内容説明

戦争体験者や村の古老の語る「事実」の本質とは何か。彼らの心意を私たちはどのように受け止めたらいいのか。長年村々を歩き続けてきた著者が、「聞き書き」が内にもつ曖昧さとその可能性を説き、現代民俗学を展望する。

目次

  • 世代の体験—はじめに(沈黙という語り;頑なさと乾き ほか)
  • 時代と社会のなかの聞き書き
  • (表現のなかの記憶;記憶とは何か—多義的な問いの総称として ほか)
  • 私にとっての聞き書き(二つの世界;自治体史作成の現場で)
  • 語ること・記録すること(日常言葉の専門用語;雑談の中の勢い ほか)
  • フィールド・ノートの余白に—まとめにかえて(報告書の行間に;むらと生産組合 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ