パリに生きた科学者湯浅年子

書誌事項

パリに生きた科学者湯浅年子

山崎美和恵著

(岩波ジュニア新書, 413)

岩波書店, 2002.10

タイトル読み

パリ ニ イキタ カガクシャ ユアサ トシコ

大学図書館所蔵 件 / 150

内容説明・目次

内容説明

第二次世界大戦勃発直後、三〇歳で単身渡仏。ジョリオ=キュリー夫妻のもとで研究を始めたものの、敗戦の迫る日本に帰国を余儀なくされ…。国際的に活躍した日本初の女性科学者の伝記。波瀾万丈の生涯にあって、真摯に科学と向き合い、芸術や文学、哲学や宗教にも心を傾けた生き方からは、勇気を与えられます。

目次

  • 1 フランスへの旅立ち
  • 2 コレジ・ド・フランス原子核化学研究所
  • 3 ドイツ占領下の研究所で
  • 4 崩れ行くベルリンで
  • 5 敗戦の祖国
  • 6 再会、そして別れ
  • 7 オルセー原子核研究所で
  • 8 断層を超えて
  • 9 “Jusqu’au bout”—最後まで徹底的に

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA59080897
  • ISBN
    • 400500413X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 196p
  • 大きさ
    18cm
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ