ドイツ傭兵 (ランツクネヒト) の文化史 : 中世末期のサブカルチャー/非国家組織の生態誌

書誌事項

ドイツ傭兵 (ランツクネヒト) の文化史 : 中世末期のサブカルチャー/非国家組織の生態誌

ラインハルト・バウマン [著] ; 菊池良生訳

新評論, 2002.10

タイトル別名

Landsknechte

ドイツ傭兵の文化史

タイトル読み

ランツクネヒト ノ ブンカシ : チュウセイ マッキ ノ サブカルチャー ヒコッカ ソシキ ノ セイタイシ

大学図書館所蔵 件 / 149

注記

Landsknechte (c1994) の翻訳

参考文献: p12

本書関連年表: p339-344

参考資料: p345-355

内容説明・目次

内容説明

食うため、生きるために戦ったドイツ傭兵=ランツクネヒトは、暗黒の封建世界で全く新しい個我を確立し、高度な生活共同体を形成した。軍事史では掬い取れない戦争社会の全景。

目次

  • 第1章 根元と始源・ドイツ傭兵の成立
  • 第2章 募兵、応募そして禁令
  • 第3章 誓いと給料
  • 第4章 傭兵隊の制度と組織
  • 第5章 組合と修道会
  • 第6章 傭兵契約期限が切れたときの生活—軍の除隊時期
  • 第7章 酒保の女たち
  • 第8章 傭兵隊長
  • 第9章 時代と社会のなかの傭兵
  • 第10章 終わりと展望

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA59260130
  • ISBN
    • 9784794805768
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    ger
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    368p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ