近世村人のライフサイクル

書誌事項

近世村人のライフサイクル

大藤修著

(日本史リブレット, 39)

山川出版社, 2003.1

タイトル別名

近世村人のライフサイクル

タイトル読み

キンセイ ムラビト ノ ライフ サイクル

大学図書館所蔵 件 / 229

注記

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

今は都会で暮らしている人々も、多くはルーツを近世(江戸時代)の家と村にもちます。では、その時代の家と村に生きた我々の先祖たちは、どのような人生観をもち、どのような生活スタイルを築き、どのような生活文化をはぐくんだのでしょうか。そして、我々の生きている時代と生き方に照らし合わせてみるとき、そこにいったい、何がみえてくるでしょうか。近世の家と村に生きた男女それぞれのライフサイクルをたどりながら、当時の村人たちの生と死をめぐる問題を考えてみましょう。ライフサイエンスとしての歴史学。本書はそのささやかな試みです。

目次

  • ライフサイエンスとしての歴史学
  • 1 近世の家と村
  • 2 子どもの誕生と育児
  • 3 家と村における教育
  • 4 結婚・相続と家長・主婦の役割
  • 5 老いと死

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ