ヴァイキングの経済学 : 略奪・贈与・交易

書誌事項

ヴァイキングの経済学 : 略奪・贈与・交易

熊野聰著

(Historia, 013)

山川出版社, 2003.1

タイトル別名

ヴァイキングの経済学 : 略奪贈与交易

タイトル読み

ヴァイキング ノ ケイザイガク : リャクダツ ゾウヨ コウエキ

大学図書館所蔵 件 / 157

注記

参考文献: p186-189

内容説明・目次

内容説明

北欧の海賊ヴァイキングは略奪者であり、また交易者であったが、故国では農民であった。かれらにとって略奪と交易はなぜおなじ価値をもつのか。不作の年、干し草を買い求めに来た農民が売却を断られ、力ずくで奪った。奪われた人物よりも奪った人物に世論は同情的である。宴と贈与を軸として、ヴァイキング農民の社会生活と誇りがあきらかにされる。

目次

  • 1 ヴァイキングの生涯
  • 2 交易と贈与
  • 3 社会内の買取交渉
  • 4 商取引と社会規範
  • 5 交渉と強制
  • 6 ヴァイキング社会と商業

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA60721525
  • ISBN
    • 4634491303
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    190p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ