帝国と市民 : 苦悩するアメリカ民主政

書誌事項

帝国と市民 : 苦悩するアメリカ民主政

紀平英作編

山川出版社, 2003.4

タイトル別名

Empire and citizens : American democracy in agony

タイトル読み

テイコク ト シミン : クノウ スル アメリカ ミンシュセイ

大学図書館所蔵 件 / 151

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

内容説明・目次

内容説明

民主政を標榜しつつ、第二次世界大戦後、帝国への道を歩み始めた合衆国の変容を「市民」の目線から、多角的に描く。

目次

  • 世界史における「黄金時代」とアメリカ民主政—新たな歴史叙述を求めて
  • 第1部 冷戦の開幕とアメリカ社会(挫折した「戦後平和」への期待)
  • 第2部 帝国の構造(海外介入の論理と実態—アルベンス政権打倒にみるアメリカの行動;核時代における国家と国民—原爆医療情報と民間防衛)
  • 第3部 市民権改革の光と翳(市民権改革の始動—冷戦と人種問題;「ボイコット」から「座り込み」へ—地域闘争としての南部市民権運動)
  • 第4部 戦後アメリカと女性(終わりからの出発—女性知識人の模索)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ