書誌事項

貨幣の哲学

エマニュエル・レヴィナス [著] ; ロジェ・ビュルグヒュラーヴ編 ; 合田正人, 三浦直希訳

(叢書・ウニベルシタス, 779)

法政大学出版局, 2003.8

タイトル別名

Emmanuel Levinas et la socialité de l'argent : un philosophe en quête de la réalité journalière : la genèse de Socialité et argent ou l'ambiguïté de l'argent

タイトル読み

カヘイ ノ テツガク

大学図書館所蔵 件 / 216

注記

原著(Leuven: Peeters, 1997)の全訳

内容説明・目次

内容説明

1986年レヴィナスはベルギー銀行協会の要請で「貨幣の両義性」を講演し、翌年にこれを「社会性と貨幣」という論文にまとめた。本書は以上の二稿、講演前の予備対談/編者との往復書簡/編者による哲学的伝記から成る。

目次

  • 1 プレリュード(エマニュエル・レヴィナスのこの研究が生まれた背景;貨幣とつねに改善される正義—エマニュエル・レヴィナスの視点)
  • 2 「社会性と貨幣」の生成過程(予備的対談 貨幣、貯蓄、貸与に関するエマニュエル・レヴィナスとの予備的対談(一九八六年四月一〇日);学術講演 貨幣の両義性—ベルギー貯蓄銀行のための貨幣の意味に関する学術講演(一九八六年一二月一一日);決定版論文(校訂版) 社会性と貨幣(一九八七年五月))
  • 3 ダ・カーポ—敬意を込めた感謝のうちで(往復書簡 ロジェ・ビュルグヒュラーヴ‐エマニュエル・レヴィナス(一九七五年七月一〇日‐八月四日);ある哲学的伝記 エルサレムとアテネのあいだの思想家エマニュエル・レヴィナス)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA63046101
  • ISBN
    • 4588007793
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    fre
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    195, 28p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ