書誌事項

空虚の時代 : 現代個人主義論考

ジル・リポヴェツキー [著] ; 大谷尚文, 佐藤竜二訳

(叢書・ウニベルシタス, 773)

法政大学出版局, 2003.12

タイトル別名

L'ère du vide : essais sur l'individualisme contemporain

タイトル読み

クウキョ ノ ジダイ : ゲンダイ コジン シュギ ロンコウ

大学図書館所蔵 件 / 181

注記

原著(Éditions Gallimard, 1993)の全訳

内容説明・目次

内容説明

1968年以降のグローバルな社会変動—消費革命とライフスタイルの変化、プライベートな領域の拡大、健康とエコロジー志向など—を、情報と表現を主体とする未曽有の個人主義の時代へ向かう過程として描く。ポストモダンの文化批判。

目次

  • 第1章 ノン‐ストップの誘惑
  • 第2章 純粋な無関心
  • 第3章 ナルシスまたは空虚の戦略
  • 第4章 モダニズムとポスト‐モダニズム
  • 第5章 ユーモアの社会
  • 第6章 未開の暴力、近代の暴力

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ