書誌事項

歌舞伎への招待

戸板康二著

(岩波現代文庫, 文芸 ; 80, 81)

岩波書店, 2004

  • [正]

タイトル読み

カブキ エノ ショウタイ

大学図書館所蔵 件 / 125

注記

[正]「衣裳研究所(現暮しの手帖社)」1950年刊, 続「暮しの手帖社」1951年刊の岩波現代文庫版

内容説明・目次

巻冊次

[正] ISBN 9784006020804

内容説明

戦後の歌舞伎批評を確立した戸板康二。本書はその記念碑的作品であり、異邦人の鑑賞眼で、芝居通の間で当然のこととされていた「約束事」を、読者にやさしく翻訳してみせる。「花道」に始まり「女方」「菊五郎」「荒事」「黙阿弥」等のテーマで構成される各章では、豊富な挿話・芸談が連句のように華麗に紡ぎ合わされていく。最良にして極上の歌舞伎案内。

目次

  • 花道
  • 女方
  • 菊五郎
  • 荒事
  • 黙阿弥
  • 二枚目
  • 小道具
  • 大道具
  • おどり
  • 下座
  • 怪談
  • 場景
  • 俳優
巻冊次

続 ISBN 9784006020811

内容説明

『歌舞伎への招待』の好評に応えて執筆された本書は、「梅王丸」から「切られ与三郎」まで、歌舞伎の代表的登場人物八人を取り上げる。途中「幕間」を挟む構成は、読者を居ながらにして劇場へと誘う。名優たちの芸談の数々が織りなす歌舞伎の「花」と「風情」。今よみがえる、華麗なる歌舞伎の「花伝書」。

目次

  • 開幕前
  • 梅王丸
  • 紙屋治兵衛
  • 早野勘平
  • 前のまくあい
  • 白拍子花子
  • 八重垣姫
  • 土手のお六
  • 後のまくあい
  • 武蔵坊弁慶〔ほか〕

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA65348757
  • ISBN
    • 4006020805
    • 4006020813
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    15cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ