書誌事項

プーチン

池田元博著

(新潮新書, 054)

新潮社, 2004.2

タイトル読み

プーチン

大学図書館所蔵 件 / 70

注記

主な参考文献: p189

内容説明・目次

内容説明

自ら大統領になったのではなく、大統領に仕立てられたプーチン。強烈なカリスマ性はないものの、KGB出身の内務官僚にふさわしい「国家主義者」と「改革主義者」の二つの顔を活かして、国内はもとより国際社会で大きな存在感を誇る。ソ連崩壊からエリツィン退任までの十年と、プーチンの個人史、寡占資本家ら「新ロシア人」の姿を通して、七十四年間の「鎖国」を経たロシアの未来を占う。

目次

  • 序章 強面の妖精
  • 第1章 プーチンのロシア
  • 第2章 スパイにあこがれた少年
  • 第3章 プーチンを準備した十年
  • 第4章 柔らかな独裁
  • 第5章 山分け資本主義—十年の経済
  • 第6章 なんとなくの対米協調
  • 終章 スーパーパワーから帝政ロシアへ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ