書誌事項

パレスチナ

芝生瑞和著

(文春新書, 370)

文藝春秋, 2004.3

タイトル読み

パレスチナ

大学図書館所蔵 件 / 106

注記

パレスチナ・イスラエル近代史年表: p 225-230

内容説明・目次

内容説明

アメリカ中枢を襲った9・11テロ、2003年のイラク戦争。21世紀最初の大事件が起きた背景には、「旧約聖書」の時代にまで遡る中東問題がある。イスラエルという国家がある地をめぐって、さらには宗教・民族間の相克を経て、紛争は続いてきた。なぜ暴力が繰り返されるのか?和平への道は潰えたのか?PLOアラファト議長やイスラエル要人への直接取材を通じて、中東と四半世紀関わってきた著者が解き明かす「パレスチナ問題の歴史と現在」。

目次

  • 第1章 どこから始まったのか
  • 第2章 暴力の連鎖
  • 第3章 入植地の拡大と抵抗するパレスチナ人
  • 第4章 ラビン暗殺と和平への障害
  • 第5章 アラファトは堕ちた偶像か
  • 第6章 これからどこへ行くのか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ