書誌事項

中世の家と性

高橋秀樹著

(日本史リブレット, 20)

山川出版社, 2004.4

タイトル読み

チュウセイ ノ イエ ト セイ

大学図書館所蔵 件 / 215

注記

参考文献: 巻末

内容説明・目次

内容説明

家は中世社会を理解するためのキーワードです。しかし、家や家族の問題は現代の私たちにとっても身近な存在だけに、それぞれの思い込みや、近世・近代の家族観に影響されたイメージでとらえてしまいがちです。実は、皆さんの知っている「北条政子」の名前自体もそうした近世・近代の家族観の産物なのです。そこで、中世に書かれた文献史料や絵巻物、それらを踏まえた最近の実証的な研究成果に基づいて、中世人の暮らしを支える家や性(ジェンダー、セックス)の問題をみていきましょう。

目次

  • 1 氏と家
  • 2 結婚と居住
  • 3 家の継承と相続
  • 4 家内のジェンダー
  • 5 さまざまな性

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ