書誌事項

朝鮮総連

金賛汀著

(新潮新書, 068)

新潮社, 2004.5

タイトル読み

チョウセン ソウレン

大学図書館所蔵 件 / 102

注記

注・引用文献: p203-206

内容説明・目次

内容説明

在日朝鮮人のために生まれた組織が、なぜ「北朝鮮・金日成親子の手先」へと変質していったのか—。組織結成の知られざる経緯、新国家建設・祖国望郷の思いを裏切った「帰還運動」、そして北朝鮮への送金のカラクリや、批判者に対する執拗な糾弾の実態、日本人拉致問題で暴かれたウソ…そのすべてがいま明かされる。かつて組織内に身を置いた著者が、痛恨と義憤の思いで綴った「もう一つの戦後史」。

目次

  • プロローグ 壊れていく朝鮮総連
  • 1 戦後に誕生した朝鮮人団体
  • 2 朝鮮総連の結成
  • 3 朝鮮総連の変質—指令は万景峰号で
  • 4 韓国の瓦解をもくろむ秘密工作
  • 5 堕ちた総連、反在日的存在に
  • 6 批判者を集団で脅し圧力
  • 7 もはや在日の「未来」に背を向ける存在に
  • エピローグ 日本人拉致批判の嵐の前に立ちすくむ—終わりの始まり

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA67033123
  • ISBN
    • 9784106100680
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    206p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ