諸子百家「再発見」 : 掘り起こされる古代中国思想

書誌事項

諸子百家「再発見」 : 掘り起こされる古代中国思想

浅野裕一, 湯浅邦弘編

岩波書店, 2004.8

タイトル別名

諸子百家再発見 : 掘り起こされる古代中国思想

タイトル読み

ショシ ヒャッカ サイハッケン : ホリオコサレル コダイ チュウゴク シソウ

大学図書館所蔵 件 / 166

注記

新出土資料関係文献案内: p232-239

内容説明・目次

内容説明

近年、中国では戦国時代から秦・漢にかけての出土資料の発見が相次ぎ、孔子・老子ら諸子百家の思想についての通説の見直しが迫られている。画期的な新出土資料発見の経緯を述べながら、これらの資料の解読によってわかってきた、古代の文字と書物の形態をはじめ、運命・宿命と人為、人間の本性、孔子教団と政治、『老子』と道家思想、孔子と『易』など、中国思想の重要なテーマをめぐる成果をわかりやすく紹介する。

目次

  • 第1章 諸子百家と新出土資料
  • 第2章 諸子百家の時代の文字と書物
  • 第3章 天と人との距離
  • 第4章 人間の本性は善か悪か
  • 第5章 孔子の教えは政治の役に立つか
  • 第6章 老子と道家
  • 第7章 孔子は『易』を学んだか

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA68313919
  • ISBN
    • 4000233998
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    viii, 244p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ