早すぎた発見、忘られし論文 : 常識を覆す大発見に秘められた真実

書誌事項

早すぎた発見、忘られし論文 : 常識を覆す大発見に秘められた真実

大江秀房著

(ブルーバックス, B-1459)

講談社, 2004.11

タイトル別名

早すぎた発見忘られし論文

タイトル読み

ハヤスギタ ハッケン ワスラレシ ロンブン : ジョウシキ オ クツガエス ダイハッケン ニ ヒメラレタ シンジツ

大学図書館所蔵 件 / 259

注記

年譜あり

おもな参考資料: p288-292

内容説明・目次

内容説明

アボガドロの分子説、メンデルの遺伝の法則、ウェゲナーの大陸移動説、ガロアの群論…。公表時、不幸にも大発見をまったく評価されなかった研究社10人の生涯を、その時代背景や人間関係をもとに詳細に描き出す。

目次

  • 第1章 初めて原子と分子を区別したアボガドロ
  • 第2章 遺伝の法則を発見したメンデル
  • 第3章 蘇った孤高の天才実験家キャベンディッシュ
  • 第4章 決闘に散った数学者ガロアと群論
  • 第5章 カオスの生みの親ポアンカレ
  • 第6章 大陸移動説に命をかけたウェゲナー
  • 第7章 イオンの存在証明に苦闘したアレニウス
  • 第8章 宇宙を夢みた独学の天才ツィオルコフスキー
  • 第9章 一〇〇年後に花開いたギブズの熱力学
  • 第10章 流浪の天才数学者アーベルの悲劇

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA69584784
  • ISBN
    • 4062574594
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpneng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    301p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ