帝国的ナショナリズム : 日本とアメリカの変容

書誌事項

帝国的ナショナリズム : 日本とアメリカの変容

大澤真幸著

青土社, 2004.12

タイトル別名

JAPAN-USA

タイトル読み

テイコクテキ ナショナリズム : ニホン ト アメリカ ノ ヘンヨウ

大学図書館所蔵 件 / 181

注記

参考文献あり

内容説明・目次

内容説明

超国家的“帝国”を担いながら、偏狭なナショナリズムに陥るアメリカ。気鋭の社会学者が、「9・11」前夜の滞米経験をふまえ、その変貌のメカニズムを摘出し、同じ病理を別の形で抱えた日本社会の危機と未来を展望する。

目次

  • 1 日本の変容(なぜオウムの存在はかくも耐えがたいのか?;少年の殺人と電子メディア ほか)
  • 2 アメリカの変容(司法的精神の逆説—大統領の不倫;寛容と不寛容—コロンバイン高校銃撃事件 ほか)
  • 3 現代社会の変容(加速資本主義論—ディズニーランドと世界の内外;エアポート論—「都市」以後の「ネーション」(多木浩二/大沢真幸))
  • 4 日本とアメリカの現在(帝国的ナショナリズム)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA69848467
  • ISBN
    • 479176160X
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    213p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ