比較文化の心理学 : カルチャーは社会を越えるのか

書誌事項

比較文化の心理学 : カルチャーは社会を越えるのか

三井宏隆著

ナカニシヤ出版, 2005.6

タイトル別名

比較文化の心理学 : カルチャーは社会を越えるのか

タイトル読み

ヒカク ブンカ ノ シンリガク : カルチャー ワ シャカイ オ コエルノカ

大学図書館所蔵 件 / 191

注記

引用文献: 各章末

内容説明・目次

内容説明

文化とは何か。「文化」は至高善なのか、それとも創発的特性なのか。混迷をきわめる文化論争を、もう一度、問い直す。

目次

  • 第1章 文化を理解する(文化とは何か;心理学者は『文化』をどのように考えてきたか ほか)
  • 第2章 文化を測定する(Hofstede,G.の文化比較の次元;Schwartz,S.H.の価値の比較研究 ほか)
  • 第3章 文化を鳥瞰する(Back‐translationの実行可能性;Big Five理論の通文化性 ほか)
  • 第4章 文化を越境する(文化は移動し、意識は変化する;移住、定住、同化 ほか)
  • 第5章 文化を消費する(フェミニズムもカルトも消費財;ディズニーもメジャーもアメリカン ほか)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA72457162
  • ISBN
    • 4888489653
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    vi, 152p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ