ホーキング虚時間の宇宙 : 宇宙の特異点をめぐって

書誌事項

ホーキング虚時間の宇宙 : 宇宙の特異点をめぐって

竹内薫著

(ブルーバックス, B-1487)

講談社, 2005.7

タイトル読み

ホーキング キョジカン ノ ウチュウ : ウチュウ ノ トクイテン オ メグッテ

大学図書館所蔵 件 / 280

注記

参考文献: p225-229

内容説明・目次

内容説明

宇宙に始まりはあったのか?宇宙に終わりはくるのか?ブラックホールに落ちた物質は、消滅してしまうのか?そして、鍵を握る虚時間とは?全ての物理量が無限大に発散する理論物理学の最大の問題、特異点に挑む車いすのニュートン。

目次

  • 冒頭ショートショート 異星交遊記
  • 序章 ホーキングの「常識」
  • 第1章 宇宙には時の始まりと終わりがあるか—特異点をめぐって
  • 第2章 ブラックホールだってしまいにゃ蒸発する
  • 第3章 宇宙の端っこが丸いと神様の出番はなくなる?
  • 終章 賭けに負けっぱなしではあるけれど(情報のパラドックス)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ