書誌事項

作家たちの往還

勝又浩著

(季刊文科コレクション)

鳥影社, 2005.9

タイトル読み

サッカ タチ ノ オウカン

大学図書館所蔵 件 / 48

内容説明・目次

目次

  • エデンの園の記憶—中沢けい
  • 「霊的著作」の「私」—高橋たか子
  • 歌びとの散文—上田三四二
  • 第三の歴史記述—安岡章太郎
  • 版画が動き出すとき—島村利正
  • 神田のチェーホフ—永井龍男
  • 諸国一見の旅人—白洲正子
  • 幸田文学三つの「種」—幸田文
  • 凹凸鏡の内と外—島尾敏雄
  • 未復員兵の戦後—古山高麗雄
  • 東洋と西洋の狭間—芹沢光治良
  • 揺れる良識—大佛次郎
  • 「風貌・姿勢」の修辞学—井伏鱒二
  • 『くれない』の問題—佐多稲子
  • 『山の音』の「音」について—川端康成
  • 次男坊の解脱—志賀直哉
  • 漱石の昼寝—夏目漱石
  • 秋聲的気分—徳田秋聲
  • 純粋恋愛人—近松秋江

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ