ICFの理解と活用 : 人が「生きること」「生きることの困難(障害)」をどうとらえるか

書誌事項

ICFの理解と活用 : 人が「生きること」「生きることの困難(障害)」をどうとらえるか

上田敏著

(KSブックレット, No.5)

きょうされん , 萌文社 (発売), 2005.10

タイトル別名

ICF(国際生活機能分類)の理解と活用 : 人が「生きること」「生きることの困難(障害)」をどうとらえるか

国際生活機能分類の理解と活用 : 人が生きること生きることの困難(障害)をどうとらえるか

ICFの理解と活用 : 人が生きること生きることの困難障害をどうとらえるか

タイトル読み

ICF ノ リカイ ト カツヨウ : ヒト ガ 「イキル コト」 「イキル コト ノ コンナン (ショウガイ)」 オ ドウ トラエルカ

大学図書館所蔵 件 / 283

注記

文献: p70

内容説明・目次

目次

  • 1 ICF活用の基本姿勢
  • 2 ICIDH(国際障害分類)からICF(国際生活機能分類)へ
  • 3 ICFモデル—その基本的特徴
  • 4 ICFの目的—「生きることの全体像」についての「共通言語」
  • 5 ICFの実践的意義
  • 6 ICFの構成と使い方
  • 7 ICFの活用—コーディングの実際
  • 8 ICF(国際生活機能分類)の今後の課題

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ