メディア・リテラシーの社会史

書誌事項

メディア・リテラシーの社会史

富山英彦著

青弓社, 2005.12

タイトル別名

メディアリテラシーの社会史

タイトル読み

メディア リテラシー ノ シャカイシ

大学図書館所蔵 件 / 191

注記

参考文献: p213-221

内容説明・目次

内容説明

新聞・雑誌、ラジオ、テレビ、パソコンなど、メディアの歴史と“私”の関係性の変容を追い各時代の“私”が活字とどう向かい合ってきたのか、その原風景を照らし出す。“私”を形成する行為が活字を読むことから書くことへと転回した先にあるメディア・リテラシーの可能性を追求する。

目次

  • 序章 なんで殺人事件って報道するんですか?
  • 第1章 メディア主体の可能性
  • 第2章 読書という経験
  • 第3章 放送の作られた身近さ
  • 第4章 インターネットの過剰な語り
  • 第5章 メディア・リテラシーの草原で

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA74805474
  • ISBN
    • 4787232525
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    229p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ