書誌事項

革新と復古

モムゼン [著] ; 長谷川博隆訳

(ローマの歴史 / モムゼン [著] ; 長谷川博隆訳, 3)

名古屋大学出版会, 2006.2

タイトル別名

Römische Geschichte

タイトル読み

カクシン ト フッコ

大学図書館所蔵 件 / 243

注記

原著第9版の抄訳

関連年表: 巻末p1-3

参考地図: 巻末p[4]-[15]

内容説明・目次

内容説明

鋭く核心を衝く洞察により、人間の営みの全体を描く。この巻では、地中海世界の覇者となったローマが、元老院による統治体制の機能不全から革新と復古の間を揺れ動く、混迷の時代を叙述。

目次

第4編 革命(グラックス時代までの服属地帯;改革運動とティベリウス・グラックス;革命とガイウス・グラックス;復古的な支配;北方の諸部族;マリウスの革命とドルススの改革の企て;イタリアの服属民の蜂起とスルピキウスの革命;東方と王ミトラダテス;キンナとスッラ;スッラ体制;公共体ローマとその経済;民族性、宗教、教育;文学と芸術)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

  • ローマの歴史

    モムゼン [著] ; 長谷川博隆訳

    名古屋大学出版会 2005.4-2007.12

    所蔵館1館

詳細情報

ページトップへ