書誌事項

希望学

玄田有史編著

(中公新書ラクレ, 211)

中央公論新社, 2006.4

タイトル読み

キボウガク

大学図書館所蔵 件 / 213

注記

参考文献: p211-214

内容説明・目次

内容説明

「希望」が「喪失」とセットで語られる現代。希望とはそもそも何なのか?社会のなかでの希望の意味とありかについて、一人ひとりが探求するための科学的プロジェクト、それが「希望学」だ。

目次

  • 序章 希望学がめざすもの
  • 第1章 希望がある人、希望がない人
  • 第2章 希望、失望、仕事のやりがい
  • 第3章 友だちの存在と家族の期待
  • 第4章 恋愛と結婚の希望学
  • 第5章 挫折と幸福、希望を語るということ
  • 第6章 格差社会に希望はあるか(対談 宮崎哲弥×玄田有史)
  • 第7章 絶望の淵で語れよ希望(対談 山田昌弘×玄田有史)
  • おわりに データは何を語ったか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA76396343
  • ISBN
    • 9784121502117
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    214p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ