イギリスの児童虐待防止とソーシャルワーク

書誌事項

イギリスの児童虐待防止とソーシャルワーク

田邉泰美著

明石書店, 2006.5

タイトル読み

イギリス ノ ジドウ ギャクタイ ボウシ ト ソーシャル ワーク

大学図書館所蔵 件 / 235

この図書・雑誌をさがす

内容説明・目次

内容説明

本書は、イギリスにおける児童虐待防止の史的発展と現状を、ソーシャルワークの視点から考察している。

目次

  • 児童虐待とは何か—イギリスの児童虐待の定義について
  • 1部 児童虐待防止ソーシャルワークの成立過程(戦前における家族への介入—児童虐待防止協会の活動と児童保護;家族への予防介入(予防的ソーシャルワーク)の展開;マリア・コルウェル事件)
  • 2部 児童虐待防止ソーシャルワークの展開と質的変化(児童虐待防止ソーシャルワークの展開;ジャスミン・ベクフォド事件—消極的介入が子の虐待死を招いた事件;クリーブランド事件)
  • 3部 1989年児童法における児童虐待防止の展開と市場原理の影響(1989年児童法と児童虐待防止ソーシャルワーク;市場原理と児童虐待防止ソーシャルワークその1—保守党政権下における児童虐待防止ソーシャルワーク;市場原理と児童虐待防止ソーシャルワークその2—労働党政権下における児童虐待防止ソーシャルワークの課題と展望)
  • 4部 児童虐待防止ソーシャルワークの実践(ACPC(地区児童虐待防止委員会)の役割と実務;児童虐待防止ソーシャルワークの方法;リスク・アセスメント・モデルの理論と実際;FGC(ファミリー・グループ・カンファレンス)の理論と実際)
  • イギリスの児童虐待防止とソーシャルワーク

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA7726266X
  • ISBN
    • 4750323497
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    416p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ