書誌事項

中世武士の城

齋藤慎一著

(歴史文化ライブラリー, 218)

吉川弘文館, 2006.10

タイトル読み

チュウセイ ブシ ノ シロ

大学図書館所蔵 件 / 215

注記

参考文献: p207-211

内容説明・目次

内容説明

「城」とは何か、土塁と堀に囲まれ、もっぱら“戦争”の場と捉えられてきた中世の城や館は、じつは“政治的”“日常的”な場でもあった。武勇ではなく安穏を求めた社会の現実を踏まえ、中世の城の新たな実像に迫る。

目次

  • 中世のお城—プロローグ
  • 戦国山城の出現(本城の出現;臨時の城館;屋敷の非軍事性)
  • 武家の屋敷と寺院(屋敷の周辺;極楽往生;現世利益)
  • 本拠と要害(武家の本拠—遠江国の事例;周辺の様相;要害誕生の背景)
  • 中世武士の本拠—エピローグ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ