書誌事項

「定本」歎異抄

[親鸞著] ; 佐藤正英校註・訳

青土社, 2007.1

タイトル別名

定本歎異抄

タイトル読み

テイホン タンニショウ

大学図書館所蔵 件 / 68

注記

参考文献: p151-152

索引: p[153]-171

内容説明・目次

内容説明

『歎異抄』は、宗教書として、日本では最も多くの人に親しまれてきた書物である。にもかかわらず『歎異抄』にはこれまで全面的に信頼しうるテクストが存在しなかった。そこで本書は、長年の構想研究により解釈学的方法を確立して、伝本に精細な読解を加え、蓮如本の錯簡を見出し、これを改め、元来、「異義条々」と「歎異抄」の二部構成であったことを究明し、親鸞の肉声と唯円の地の文を厳密に分け、従来の解釈をくつがえす。これら画期的成果をもとに校訂を施し、『歎異抄』の原形を復元した、新時代を画する“定本”である。

目次

  • 異義条々
  • 歎異抄

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA80082746
  • ISBN
    • 4791763114
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    171p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ