対人ストレス過程における対人ストレスコーピング

書誌事項

対人ストレス過程における対人ストレスコーピング

加藤司著

ナカニシヤ出版, 2007.2

タイトル別名

Coping with interpersonal stress

対人ストレスコーピング : 対人ストレス過程における

タイトル読み

タイジン ストレス カテイ ニオケル タイジン ストレス コーピング

大学図書館所蔵 件 / 160

注記

引用文献: p233-277

内容説明・目次

内容説明

人間関係を原因としたストレスに対して、どのように対処(コーピング)するのかという問題は、われわれの実生活においても重大な課題である。これらのことから、本論文は人間関係を原因としたストレスに対するコーピング、すなわち、対人ストレスコーピングに注目し、対人関係に起因したストレスが発生する過程において対人ストレスコーピングが果たす役割に焦点をあてた一連の研究である。

目次

  • 第1章 本論文の問題と目的
  • 第2章 対人ストレスコーピング尺度の作成
  • 第3章 対人ストレスコーピングと精神的健康との関連性
  • 第4章 社会的相互作用モデルにおける対人ストレスコーピング
  • 第5章 対人ストレスモデルにおける対人ストレスコーピングの役割
  • 第6章 総合的考察

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA80748615
  • ISBN
    • 9784779501265
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    viii, 295p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ