生命のセントラルドグマ : RNAがおりなす分子生物学の中心教義

書誌事項

生命のセントラルドグマ : RNAがおりなす分子生物学の中心教義

武村政春著

(ブルーバックス, B-1544)

講談社, 2007.2

タイトル読み

セイメイ ノ セントラル ドグマ : RNA ガ オリナス ブンシ セイブツガク ノ チュウシン キョウギ

大学図書館所蔵 件 / 300

注記

参考図書: p211-212

内容説明・目次

内容説明

私たちが生きているのは、遺伝子からつねにタンパク質が作られ続けているから。このとき、DNAの遺伝情報は、いったんRNAという物質にコピーされタンパク質に翻訳される。この流れが「分子生物学のセントラルドグマ」といわれるものだ。その主役はRNA。多彩なしくみでなりたつセントラルドグマの世界を、RNAを中心にわかりやすく解説する。

目次

  • 第1章 転写—DNAからmRNAへ(遺伝子の転写—mRNAはこうして合成される;タグを付けられるmRNA—旅のはじまり)
  • 第2章 編集—コピー分子が受ける試練(編集されるmRNA・その1—選択的スプライシング;コドンとは何か ほか)
  • 第3章 翻訳—mRNAからタンパク質へ(お試し翻訳と品質チェック;rRNAとリボソーム ほか)
  • 第4章 セントラルドグマの周辺(tRNAと遺伝暗号;RNAルネサンスの到来 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA80759076
  • ISBN
    • 9784062575447
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    212, viip
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ