書誌事項

周恩来秘録 : 党機密文書は語る

高文謙著 ; 上村幸治訳

文藝春秋, 2007.3

タイトル別名

晚年周恩来

Zhou Enlai's later years

タイトル読み

シュウ オンライ ヒロク : トウ キミツ ブンショ ワ カタル

大学図書館所蔵 件 / 212

注記

その他のタイトルは各巻扉裏による

『晩年周恩来』 (明鏡出版社 , 2003.4) の翻訳

周恩来の肖像あり

付録: 『周恩来秘録』年表: 下p356-364

内容説明・目次

巻冊次

上 ISBN 9784163687506

内容説明

毛沢東の粛清を逃れるために、周恩来は何をしてきたのか?党中央文献室に保管された周恩来の極秘ファイル米国に亡命した党伝記作家が衝撃の執筆。

目次

  • 周恩来とはいかなる人物であったのか?
  • 第1章 毛沢東との恩讐の発端
  • 第2章 文化大革命がはじまる
  • 第3章 周恩来の二重役割
  • 第4章 劉少奇を手にかける
  • 第5章 文革陣営が割れた
巻冊次

下 ISBN 9784163687605

内容説明

「慈父」周恩来に嫉妬の炎を燃やす毛沢東。死の床まで周が怖れた毛の報復文書とは?「周恩来外交」の成功が、周の政治生命を逆に縮めた。

目次

  • 第6章 林彪の死、この致命的な一撃
  • 第7章 難局を切り抜けられず
  • 第8章 「ニクソン訪中」の波紋
  • 第9章 儒家批判—周打倒の声のなかで
  • 第10章 周恩来の死—毛沢東時代の終焉

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA81257470
  • ISBN
    • 9784163687506
    • 9784163687605
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    chi
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    2冊
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ