書誌事項

広重と浮世絵風景画

大久保純一著

東京大学出版会, 2007.4

タイトル別名

Hiroshige and Ukiyo-e landscapes

タイトル読み

ヒロシゲ ト ウキヨエ フウケイガ

大学図書館所蔵 件 / 182

注記

欧文タイトルは標題紙裏による

同名の博士論文 (東京大学, 2006年) に修正を加えたもの

内容説明・目次

内容説明

吉原、両国、日本橋…名所絵に隠された技。透視図法や遠近法を駆使し、江戸人たちの名所イメージを巧みに描いた広重。その卓抜な空間造形の手法を解き明かす。

目次

  • 序章 浮世絵風景画研究史と本書の視点
  • 第1章 浮絵の精神史
  • 第2章 広重の名所絵の種本と空間構成
  • 第3章 広重に見る江戸名所絵の定型
  • 第4章 “名所江戸百景”考—大都市江戸の伝統へのまなざし
  • 第5章 浮世絵風景画における四条派の影響
  • 第6章 銅版画と浮世絵風景画
  • 第7章 『日本名山図会』と浮世絵の風景表現

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ