書誌事項

旅の地中海 : 古典文学周航

丹下和彦著

(学術選書, 024)

京都大学学術出版会, 2007.6

タイトル読み

タビ ノ チチュウカイ : コテン ブンガク シュウコウ

大学図書館所蔵 件 / 93

注記

翻訳と参考文献(抄): p323-328

内容説明・目次

内容説明

オリーブの木の生育する地中海は、ギリシア・ローマを中心とする古典文学の宝庫である。豊穣の海は、ホメロス、ウェルギリウスの叙事詩、悲劇や喜劇、ギリシア小説、さらに時代を下ってはドン・キホーテの物語と、さまざまな作品を生み出してきた。西洋古典文学に造詣の深い著者が各地を訪ね歩き、筆まかせに綴ったエッセー—それは他の追従を許さぬほど内容豊富な文学入門でもある。

目次

  • 第1章 なぜアキレウスが—トロイア
  • 第2章 オデュッセウスの涙—スケリエ島
  • 第3章 目を潰すオイディプス—テバイ
  • 第4章 紡ぎ出された都市—アテナイ
  • 第5章 『アンドロメダ』異聞—アブデラ
  • 第6章 『メデイア』その後—ローマ
  • 第7章 アエネアス、逃げる—カルタゴ
  • 第8章 手紙を書くカリロエ—シラクサ
  • 第9章 ドン・キホーテのカタバシス—ラ・マンチャ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ