考古学の教室 : ゼロからわかるQ&A65

書誌事項

考古学の教室 : ゼロからわかるQ&A65

菊池徹夫著

(平凡社新書, 387)

平凡社, 2007.8

タイトル読み

コウコガク ノ キョウシツ : ゼロ カラ ワカル Q&A 65

大学図書館所蔵 件 / 101

注記

さらに学びたい人のためのブックガイド: p230-231

内容説明・目次

内容説明

遺跡は、なぜ土の中にあるの?どんどん掘って、遺跡はなくならない?そもそも、考古学って何のため?…素朴な疑問からとらえなおすと、考古学はますます面白くてフカい。ヒトの智恵の宝庫が、そこには眠っている。目から鱗がハラリと落ちる、明るく楽しい考古学入門。

目次

  • 1 遺跡を見渡す—発掘現場に立って(なぜ、そこに遺跡があるって分かるの?;遺跡は、なぜ土の中にあるの? ほか)
  • 2 遺物を観察する—博物館を訪ねて(遺物と遺跡の違いは?;発掘した遺物は、その後どうするの? ほか)
  • 3 考古学って何?—考古学の教室で(考古学は何を研究するの?;考古学は何のためにあるの? ほか)
  • 4 考古学は未来学!—研究室を訪ねて(遺跡や遺物の古さや年代はどうして分かるの?;科学的な年代測定は確実なものなの? ほか)
  • 5 考古学を楽しむ—ワインでも飲みながら(日本列島に人が住み始めたのはいつ?;三内丸山には縄文文明があったってほんと? ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA82841702
  • ISBN
    • 9784582853872
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    231p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ