動物と人間の世界認識 : イリュージョンなしに世界は見えない

書誌事項

動物と人間の世界認識 : イリュージョンなしに世界は見えない

日高敏隆著

(ちくま学芸文庫, [ヒ11-1])

筑摩書房, 2007.9

タイトル読み

ドウブツ ト ニンゲン ノ セカイ ニンシキ : イリュージョン ナシ ニ セカイ ワ ミエナイ

大学図書館所蔵 件 / 118

内容説明・目次

内容説明

ある日、大きな画用紙に簡単な猫の絵を描いて飼い猫に見せた。するとすぐに絵に寄ってクンクンと匂いを嗅ぎだした。二次元の絵に本物と同じ反応を示す猫の不思議な認識。しかしそれは決して不思議なことではなく、動物が知覚している世界がその動物にとっての現実である。本書では、それら生物の世界観を紹介しつつ人間の認識論にも踏み込む。「全生物の上に君臨する客観的環境など存在しない。我々は認識できたものを積み上げて、それぞれに世界を構築しているだけだ」。著者はその認識を「イリュージョン」と名づけた。動物行動学の権威が著した、目からウロコが落ちる一冊。

目次

  • イリュージョンとは何か
  • ネコたちの認識する世界
  • ユクスキュルの環世界
  • 木の葉と光
  • 音と動きがつくる世界
  • 人間の古典におけるイリュージョン
  • 状況によるイリュージョンのちがい
  • 科学に裏づけられたイリュージョン
  • 知覚の枠と世界
  • 人間の概念的イリュージョン
  • 輪廻の「思想」
  • イリュージョンなしに世界は認識できない
  • われわれは何をしているのか

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ