近世医療の社会史 : 知識・技術・情報

書誌事項

近世医療の社会史 : 知識・技術・情報

海原亮著

吉川弘文館, 2007.10

タイトル別名

近世医療の社会史 : 知識技術情報

タイトル読み

キンセイ イリョウ ノ シャカイシ : チシキ ギジュツ ジョウホウ

大学図書館所蔵 件 / 193

注記

博士論文「近世社会における医療環境の研究」 (東京大学, 2005年) をベースに一部をまとめたもの

内容説明・目次

内容説明

江戸時代、人びとは病をどのように認識し、克服したのか。地域社会における医療の具体的な様相、社会構造の基盤、制度化・組織化の動向と、医師身分のあり方を考察。身分制社会下での病・医療の特質を明らかにする。

目次

  • 序論 近世医療の社会史をめぐって
  • 1 地域社会の構造と医療(近世医療の諸形態;在村の社会構造と医療環境—駿河国山之尻村の事例から;病の克服と地域医療—彦根藩小脇郷を事例として;藩領における医療の展開—越前国府中を例として)
  • 2 近世医療の獲得と展開(彦根藩医学寮の設立と藩医中—藩医河村純碩の記録から;福井藩医学所の役割と特質;藩医の就学と都市社会)
  • 結論 研究史の新たな展開に向けて

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ