善悪は実在するか : アフォーダンスの倫理学

書誌事項

善悪は実在するか : アフォーダンスの倫理学

河野哲也著

(講談社選書メチエ, 399)

講談社, 2007.10

タイトル読み

ゼンアク ワ ジツザイ スルカ : アフォーダンス ノ リンリガク

大学図書館所蔵 件 / 198

内容説明・目次

内容説明

環境の中の存在という視点をもって、近代以降の哲学、心理学で主流をなしてきた認識論と存在論に再考を促すほどの大きなインパクトを与えたアフォーダンス理論。その革新性は、価値や意味を主観の中の観念のようなものから、環境に実在するものとして捉えなおすという、大きな転回を倫理学に引き起こすものでもあった。「善悪は主観的なもの」という現代の常識を乗り越え、道徳の根源を見つめなおす試みが、いまここに始まる!人間の個別性を尊重する、あらたな倫理学への挑戦。

目次

  • 序論 個別の存在を肯定する哲学へ
  • 第1章 アフォーダンス—実在する価値と意味
  • 第2章 生命の規範と社会の規範
  • 第3章 道徳的価値の実在性
  • 第4章 道徳の規範性はどこからくるのか
  • 第5章 法化されない道徳と「直接の共同体」

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA83364595
  • ISBN
    • 9784062583992
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    204p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ