グローバリゼーションと労働世界の変容 : 労使関係の国際比較

書誌事項

グローバリゼーションと労働世界の変容 : 労使関係の国際比較

田端博邦著

旬報社, 2007.11

タイトル読み

グローバリゼーション ト ロウドウ セカイ ノ ヘンヨウ : ロウシ カンケイ ノ コクサイ ヒカク

大学図書館所蔵 件 / 184

内容説明・目次

内容説明

グローバリゼーションは何をもたらしたのか!?拡大する自由市場と激増するワーキング・プア。労働組合はネオ・リベラリズムに対抗できるのか。

目次

  • 第1部 労使関係の構造変化とその要因(検討の視点—国際比較を試みる意味;労使関係の変容—石油危機と新自由主義;グローバリゼーションの進展;グローバリゼーションと労働市場)
  • 第2部 各国・地域の労使関係の構造と変化(二つの基本タイプ—英米と大陸ヨーロッパ;イギリスの労使関係;大陸ヨーロッパの労使関係—ドイツとフランスを中心に;フランスの労使関係;ドイツの労使関係—ドイツ・モデルの危機か?)
  • 第3部 日本の労使関係(国際比較からみた日本の労使関係;歴史的な転換と日本の労使関係;いくつかの基本問題についての考え方)
  • 労使関係はどのようになるか

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ