書誌事項

文明としての教育

山崎正和著

(新潮新書, 241)

新潮社, 2007.12

タイトル読み

ブンメイ トシテ ノ キョウイク

大学図書館所蔵 件 / 173

内容説明・目次

内容説明

国語教育こそ「愛国教育」である。倫理の領域に踏み込む「道徳教育」は教室になじまない。学校に過剰なサービスを期待してはならない。…西洋は古代ギリシャから近代アメリカまで、日本は鎌倉時代から明治時代まで、東西の教育史をつぶさに検証。文明と教育との深い関わりを鮮やかに解き明かした上で、明日の日本のため、さまざまな提言を大胆に行う。中央教育審議会会長による画期的な教育論。

目次

  • 序章 荒廃のなかの教室—私に「教育の原風景」を与えた敗戦後の満州。
  • 第1章 学校教育はなぜ必要なのか—現実は「経験」によっては学べない。
  • 第2章 文明とともに—文明と教育は武力にまさる。
  • 第3章 古代ギリシャから中世へ—教育に見るヨーロッパ文明 多様の統一。
  • 第4章 ルネサンスからの歩み—国民国家と義務教育へ。
  • 第5章 鎌倉、室町、そして江戸—日本の文明は、アジアでなく、じつはヨーロッパと共通している。
  • 第6章 近代国家の成立に伴って—世界文明の統一の趨勢のもとで。
  • 第7章 統治とサービス—現代の教育機関は社会から過剰にサービスを求められてはいないか。
  • 第8章 国語、道徳、歴史—内面的な倫理意識に踏み込む「道徳教育」は教室になじまない。
  • 終章 明日に向けて—教育の限界を認め、「驕りなき教育」をめざさなければならない。

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA84126399
  • ISBN
    • 9784106102417
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    207p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ