越境する雇用システムと外国人労働者

書誌事項

越境する雇用システムと外国人労働者

丹野清人著

東京大学出版会, 2007.12 (2刷2010.9)

タイトル別名

Transnational employment systems and migrant workers in Japan

越境する雇用システムと外国人労働者

タイトル読み

エッキョウ スル コヨウ システム ト ガイコクジン ロウドウシャ

大学図書館所蔵 件 / 264

注記

英文タイトルは標題紙裏による

博士論文「変容する産業組織と外国人労働者」 (一橋大学, 2003年) をもとにその後発表した関連する論文をあわせて大幅に書き直したもの

参考文献: p297-312

内容説明・目次

目次

  • 外国人雇用の実態と社会的無関心
  • 第1部 越境する人びとをとらえる論理(グローバル化と労働市場改革;ブローカーの社会学—ピンポイント移住と「地域労働市場」;労働市場と生活様式の相補性;外国人の労働市場はどうして分断されるのか;産業組織のなかの外国人労働者)
  • 第2部 越境する労働者と日本(契約の時代と日系人労働者;産業再編と地域労働市場;在日ブラジル人の労働市場;日系人労働市場のミクロ分析)
  • 第3部 経済社会と法社会の分裂(総合デカセギ業の誕生;在留特別許可の法社会学)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA84200538
  • ISBN
    • 9784130561020
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 328p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ