薬害HIV感染被害者遺族の人生 : 当事者参加型リサーチから

書誌事項

薬害HIV感染被害者遺族の人生 : 当事者参加型リサーチから

山崎喜比古, 井上洋士編

東京大学出版会, 2008.2

タイトル別名

QOL in bereaved families of medically induced HIV-positive victims

タイトル読み

ヤクガイ HIV カンセン ヒガイシャ イゾク ノ ジンセイ : トウジシャ サンカガタ リサーチ カラ

大学図書館所蔵 件 / 146

注記

その他のタイトルは標題紙裏による

文献: 各章末

収録内容

  • 1章: 薬害HIV感染被害者遺族調査の経緯と概要 / 山崎喜比古著
  • 2章: 薬害HIV感染被害者遺族のプロフィール : 225遺族家庭の回答より / 井上洋士, 熊谷たまき, 青山陽子, 溝田友里著
  • 3章: HIV感染のリスク情報とそれらへの対応 / 井上洋士著
  • 4章: HIV感染の告知と説明の当時のあり方 / 関由起子, 清水準一著
  • 5章: HIV感染判明後の医療・看病と家族 / 井上洋士, 清水由香, 岡田直人著
  • 6章: 周囲の人々との関係I : 偏見・差別・差別不安 / 清水由香, 赤松昭著
  • 7章: 周囲の人々との関係II : サポートネットワーク / 的場智子著
  • 8章: 薬害HIV感染患者を亡くした被害者遺族の心理 / 溝田友里, 小澤恵美著
  • 9章: 遺族の健康問題と生きる支え / 楠永敏惠, 小澤恵美, 八巻知香子, 清水由香著
  • 10章: 遺族の被害についての認識と要望 / 小澤温, 溝田友里著
  • 11章: 若手研究者と当事者の調査を通じてのエンパワメント / 八巻知香子, 藤村一美, 瀬戸信一郎著
  • 12章: 薬害HIV感染被害者遺族調査の示唆と今後の課題 / 山崎喜比古著

内容説明・目次

内容説明

遺された家族、父や母や妻はその人生をどう生き抜いてきたか。1980年代半ばに起こった非加熱血液製剤による薬害HIV感染被害で未曾有の被害に直面した人々の苦悩や困難、それらへの対処と人生再構築への努力を、当事者参加型の調査研究によって克明に歴史に刻む。

目次

  • 薬害HIV感染被害者遺族調査の経緯と概要
  • 薬害HIV感染被害者遺族のプロフィール—225遺族家庭の回答より
  • HIV感染のリスク情報とそれらへの対応
  • HIV感染の告知と説明の当時のあり方
  • HIV感染判明後の医療・看病と家族
  • 周囲の人々との関係(偏見・差別・差別不安;サポートネットワーク)
  • 薬害HIV感染患者を亡くした被害者遺族の心理
  • 遺族の健康問題と生きる支え
  • 遺族の被害についての認識と要望
  • 若手研究者と当事者の調査を通じてのエンパワメント
  • 薬害HIV感染被害者遺族調査の示唆と今後の課題

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA85004692
  • ISBN
    • 9784130664059
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    vi, 277p
  • 大きさ
    22cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ