書誌事項

教職概論

小笠原道雄, 伴野昌弘, 渡邉満編

(教育的思考の作法, 1)

福村出版, 2008.3

タイトル読み

キョウショク ガイロン

大学図書館所蔵 件 / 198

注記

「教職概論」(2006年刊)の関係資料を全面的に改訂したもの

索引: p231-235

参考文献: 各章末

内容説明・目次

目次

  • 1 教職における教育的思考の基本(教育的責任の構造と課題;教師にとって何故「教育目的・目標」が必要なのか—教育目的・目標論;教職と教育史との対話;現代における教育と自由への自己形成—「こころの時代」にフーコーを読む)
  • 2 新しい時代の「教職」のあり方(教職大学院制度の樹立—教師教育の現状と課題;生涯学習時代における教師の資質;市民的公共性との対話—土佐の教育改革「開かれた学校づくり」の事例から)
  • 3 教育空間・子どもの居場所・学校(教育空間としての学校;子どもの居場所の教育人間学—自己形成を生み出す時空間;不登校「問題」から学校の自明性を問う)
  • 4 教師の実践例(「教育的思考」の実践例—教師志望Kくんへのメッセージ;学習世界のリハビリテーション—学習のゼロ点をめぐって;教師の倫理を考える)
  • 5 教師の基本的資質(「教育愛」におけるエロースとアガペー—その統合性を求めて;「道徳教育」を担う教師;教育とユーモア)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA85740916
  • ISBN
    • 9784571101410
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    235p
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ