国家を歌うのは誰か? : グローバル・ステイトにおける言語・政治・帰属

書誌事項

国家を歌うのは誰か? : グローバル・ステイトにおける言語・政治・帰属

ジュディス・バトラー, ガヤトリ・スピヴァク [著] ; 竹村和子訳

岩波書店, 2008.5

タイトル別名

Who sings the nation-state? : language, politics, belonging

国家を歌うのは誰か : グローバルステイトにおける言語政治帰属

国家を歌うのは誰か? : グローバル・ステイトにおける言語・政治・帰属

タイトル読み

コッカ オ ウタウ ノワ ダレ カ : グローバル ステイト ニ オケル ゲンゴ セイジ キゾク

大学図書館所蔵 件 / 218

内容説明・目次

内容説明

「国民国家の崩壊が始まったのは、国民の自決権(民族自決権)が全ヨーロッパで承認され、国民の意思があらゆる法的・抽象的制度—つまり国家—にまさることが普遍的に受け入れられたときです。いわば国民は、国家よりもまさっていたのです」(G・スピヴァク)。今日もっとも刺激的な二人の思想家が、新しい政治共同体の可能性を語りあう。

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA85947051
  • ISBN
    • 9784000228855
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    v, 107p
  • 大きさ
    19cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ