書誌事項

ハチはなぜ大量死したのか

ローワン・ジェイコブセン著 ; 中里京子訳

文藝春秋, 2009.1

タイトル別名

Fruitless fall : the collapse of the honey bee and the coming agricultural crisis

ハチはなぜ大量死したのか

タイトル読み

ハチ ワ ナゼ タイリョウシ シタノカ

大学図書館所蔵 件 / 349

注記

解説: 福岡伸一

参考文献: p328-339

内容説明・目次

内容説明

2007年春までに北半球から四分の一のハチが消えた。巣箱という巣箱を開けても働きバチはいない。残されたのは女王バチとそして大量のハチミツ。その謎の集団死は、やがて果実の受粉を移動養蜂にたよる農業に大打撃をあたえていく。携帯電話の電磁波?謎のウイルス?農薬?科学者たちの必死の原因追及のはてにみえてきたのは。

目次

  • ハチが消えた
  • あなたのその朝食は
  • 集団としての知性
  • 何かがおかしい
  • 犯人を追う
  • 夢の農薬
  • おかされた巣箱を見る
  • 人間の経済に組み込まれた
  • 複合汚染
  • ロシアのミツバチは「復元力」をもつ
  • もし世界に花がなかったら?
  • 実りなき秋
  • 初霜

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA88938997
  • ISBN
    • 9784163710303
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 原本言語コード
    eng
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    339p
  • 大きさ
    20cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ