そうだったのか!日本現代史

書誌事項

そうだったのか!日本現代史

池上彰著

(集英社文庫, [い44-4])

集英社, 2008.12

タイトル読み

ソウダッタノカ ニホン ゲンダイシ

大学図書館所蔵 件 / 94

注記

ホーム社2001年刊の増補

主要参考文献: p420-426

内容説明・目次

内容説明

自衛隊の設立、「五五年体制」、東西冷戦が日本国内に反映した日米安保、戦後の廃墟からの高度経済成長、その歪みである公害問題。第二次大戦後の日本の歴史について、これからの歴史を刻んでいくわたしたちはどれだけのことを知っているだろうか。『そうだったのか!現代史』読者の熱いリクエストで生まれた池上彰版「日本現代史」、激動の時代を読むための一冊がシリーズ文庫化第三弾に登場。

目次

  • 小泉内閣が生まれた
  • 敗戦国・日本—廃墟からの再生
  • 自衛隊が生まれた—憲法をめぐる議論始まる
  • 自民党対社会党—「五五年体制」の確立
  • 安保条約に日本が揺れた
  • 総資本対総労働の戦い
  • 日韓条約が結ばれた
  • 文部省対日教組—教育をめぐって抗争が続いた
  • 高度経済成長—豊かな日本への歩み
  • 「公害」という言葉が生まれた
  • 沖縄は返ってきたけれど
  • 学生の反乱に日本が揺れた
  • 日本列島改造と田中角栄
  • バブルが生まれ、はじけた
  • 連立政権の時代へ

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA89080579
  • ISBN
    • 9784087463859
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    426p
  • 大きさ
    16cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ