書誌事項

戦後沖縄の精神と思想

比屋根照夫著

(明石ライブラリー, 130)

明石書店, 2009.4

初版

タイトル読み

センゴ オキナワ ノ セイシン ト シソウ

大学図書館所蔵 件 / 125

内容説明・目次

目次

  • 序 沖縄にとって戦後とは何だったか
  • 1(「混成的国家」への道—近代沖縄からの視点;戦後日本における沖縄論の思想的系譜)
  • 2(五〇年代・沖縄の言論状況—「那覇市長問題」を中心に;沖縄 自立・自治への苦闘—歴史的文脈に即して;復帰三五年の沖縄が提起するもの)
  • 3(非土の悲哀—宮城与徳とその時代;無戦論の系譜;一つの終焉—沖縄の戦後世代中屋幸吉の軌跡)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ