書誌事項

社宅街 : 企業が育んだ住宅地

社宅研究会編著

学芸出版社, 2009.5

タイトル読み

シャタクガイ : キギョウ ガ ハグクンダ ジュウタクチ

大学図書館所蔵 件 / 144

注記

執筆者: 池上重康, 角哲, 木方十根, 崎山俊雄, 砂本文彦, 谷村仰仕, 辻原万規彦, 中江研, 中川理, 中野茂夫, 藤谷陽悦, 安野彰

「住宅総合研究財団」の2008年度出版助成を得て出版されたもの

収録内容

  • 企業が育み、企業とともに成長する街
  • 社宅を読み解く視点
  • 苫小牧 : カンパニータウン
  • 鴻之舞 : 消えた東洋一の金山
  • 釜石 : 近代製鉄発祥の地
  • 小坂 : 記憶をつなぐ鉱山町
  • 日立 : 鉱山町から工業都市へ
  • 生野・神子畑・明延 : 鉱石の道がつなぐ三鉱山
  • 倉敷 : 大原孫三郎の労働理想主義と寄宿舎の改良
  • 新居浜 : 社宅街という生活文化の遺産
  • 串木野 : 「伝統」対「革新」、「島津家」対「三井財閥」
  • 樺太 : 「内国植民地」の社宅施策
  • 台湾・金瓜石 : 植民地統治下の社宅
  • 南洋群島 : 熱帯気候下の社宅
  • 社宅が語る近代日本の住文化

内容説明・目次

内容説明

生産機能向上を図る企業は、福利施設としての住居、娯楽施設、都市基盤等をも整備した。現代に息づく社宅街の成立と変容を明らかにする。社宅街データベース付。

目次

  • 第1部 近代の企業開発住宅地—社宅街(企業が育み、企業とともに成長する街;社宅を読み解く視点)
  • 第2部 社宅街の誕生と展開(苫小牧/カンパニータウン;鴻之舞/消えた東洋一の金山;釜石/近代製鉄発祥の地;小坂/記憶をつなぐ鉱山町 ほか)
  • 第3部 社宅が語る近代日本の住文化

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA90118067
  • ISBN
    • 9784761531768
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    京都
  • ページ数/冊数
    241, xiiip
  • 大きさ
    21cm
  • 分類
  • 件名
ページトップへ