書誌事項

日本の殺人

河合幹雄著

(ちくま新書, 787)

筑摩書房, 2009.6

タイトル別名

日本の殺人

タイトル読み

ニッポン ノ サツジン

大学図書館所蔵 件 / 202

注記

参考資料・文献: p269-270

内容説明・目次

内容説明

人殺しのニュースが報じられない日はない。残忍な殺人鬼が、いつ自分や自分の愛する人に牙を剥くか。治安の回復は急務である、とする声がある。しかし、数々の事件を仔細に検証すると、一般に叫ばれる事態とは異なる犯罪者の実像が浮かび上がる。では、理解不能な凶悪な事件を抑止するために、国はどのような対策を講じているか。そして日本の安全神話はどうして崩壊してしまったのか。さらに、刑罰と出所後の生活、死刑の是非、裁判員制度の意義まで。

目次

  • 第1章 殺人事件の諸相(日本は殺人が多いか;心中 ほか)
  • 第2章 捜査、刑務所生活、そして出所後(捜査;完全犯罪あるいは闇に消える事件 ほか)
  • 第3章 ひとを殺すとはどういうことか(被害者は誰か;遺族の辛さ ほか)
  • 終章 社会的大転換の裁判員制度(まとめとして;裁判員制度と今後の日本の刑事司法 ほか)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

  • NII書誌ID(NCID)
    BA90280247
  • ISBN
    • 9784480064882
  • 出版国コード
    ja
  • タイトル言語コード
    jpn
  • 本文言語コード
    jpn
  • 出版地
    東京
  • ページ数/冊数
    270p
  • 大きさ
    18cm
  • 分類
  • 件名
  • 親書誌ID
ページトップへ