ロールシャッハ・テスト : 包括システムの基礎と解釈の原理

書誌事項

ロールシャッハ・テスト : 包括システムの基礎と解釈の原理

ジョン・E・エクスナー著

金剛出版, 2009.7

タイトル別名

Basic foundations and principles of interpretation

The Rorschach : a comprehensive system

ロールシャッハテスト : 包括システムの基礎と解釈の原理

タイトル読み

ロールシャッハ テスト : ホウカツ システム ノ キソ ト カイシャク ノ ゲンリ

大学図書館所蔵 件 / 170

注記

監訳: 中村紀子, 野田昌道

原著第4版の翻訳

文献: 章末

その他のタイトルは標題紙による

「The Rorschach : a comprehensive system」のvolume1にあたる「Basic foundations and principles of interpretation」原著第4版を翻訳したもの

内容説明・目次

内容説明

これまで『ロールシャッハ・テストワークブック』、『ロールシャッハの解釈』の中で紹介されてきたテストの施行法や解釈の原理に加え、テストの成り立ち、性質、基礎的研究がすべて網羅。

目次

  • 第1部 ロールシャッハの歴史と展開(導入;テストの発展:ロールシャッハの各システム;論争・批判・決定)
  • 第2部 ロールシャッハの施行とスコアリング(ロールシャッハの施行:決定と方法;スコアリング:ロールシャッハ言語;反応領域と発達水準:コーディングとその基準;決定因子:コーディングとその基準;形態水準・反応内容・平凡反応・組織化活動;特殊スコア;構造一覧表)
  • 第3部 テストの性質(反応の過程;基準データ)
  • 第4部 解釈(解釈のためのガイドライン;統制とストレス耐性;状況関連ストレス;感情;情報処理過程;認知的媒介;思考;自己知覚;対人知覚と対人行動;最終所見)
  • 附録(形態水準表;非患者児童および思春期非患者のデータ)

「BOOKデータベース」 より

詳細情報

ページトップへ