グローバリゼーション : 現代はいかなる時代なのか

書誌事項

グローバリゼーション : 現代はいかなる時代なのか

正村俊之著

(有斐閣Insight)

有斐閣, 2009.9

タイトル別名

Globalization : what kind of world do we live in?

タイトル読み

グローバリゼーション : ゲンダイ ワ イカナル ジダイ ナノカ

大学図書館所蔵 件 / 278

注記

引用文献: p199-210

さらに読み進む人のために: p211-217

内容説明・目次

内容説明

二十世紀後半以降に急速に進んだ、「グローバリゼーション」と呼ばれる地球的規模の相互依存。今や国内領域と国外領域、政治と経済と文化を、切り離して論ずることはできない。中世と近代の社会的要素が混在した十七世紀の社会と、多くの類似点をもつ現代社会が形成する、入れ子状のネットワークと、その境界のゆらぎが生み出す新たな社会の可能性を、近代以降の歴史の中で問い直す。

目次

  • 序章 社会の地殻変動としてのグローバリゼーション
  • 第1章 主権国家とウェストファリア体制の誕生
  • 第2章 国際化とその前史
  • 第3章 国際化から超国際化へ
  • 第4章 機能分化の変容
  • 第5章 グローバル社会の構造と理論
  • 終章 グローバリゼーションの行方

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ