冷戦史の再検討 : 変容する秩序と冷戦の終焉 Re-examining the cold war

書誌事項

冷戦史の再検討 : 変容する秩序と冷戦の終焉 = Re-examining the cold war

菅英輝編著

(サピエンティア, 11)

法政大学出版局, 2010.1

タイトル別名

冷戦史の再検討 : 変容する秩序と冷戦の終焉

タイトル読み

レイセンシ ノ サイケントウ : ヘンヨウ スル チツジョ ト レイセン ノ シュウエン

大学図書館所蔵 件 / 179

内容説明・目次

内容説明

冷戦は、どのような国際秩序の変容をともないつつ、終結にたどり着いたのか。

目次

  • 変容する秩序と冷戦の終焉
  • 第1部 アメリカの戦争と「自由主義的」秩序の変質(安全保障か自由か?—朝鮮戦争がアメリカ的世界秩序に与えた影響;ヴェトナムにおける国家建設の試み—ケネディ戦略はなぜ破綻したか)
  • 第2部 デタントと同盟関係の変容(ヨーロッパの冷戦と「二重の封じ込め」—アイゼンハワー政権下の第二次ベルリン危機;ヴェトナム戦争と英米関係—ウィルソン政権による対米和平外交の成果;一九七〇年代のデタントとイギリス外交—ヒース保守党政権を中心に;米韓合同軍司令部の設置)
  • 第3部 東アジアにおける冷戦と冷戦秩序の変容(アメリカと中国内戦—戦後秩序の崩壊過程一九四六年六月〜一九四七年一月;深まる中ソ対立と世界秩序—中ソ同盟崩壊の原因と米中対決;中ソ対立とその米中関係への影響—東アジア冷戦構造の変容;米中和解と日米関係—ニクソン政権の東アジア秩序再編イニシアティブ)

「BOOKデータベース」 より

関連文献: 1件中  1-1を表示

詳細情報

ページトップへ